TEL TEL

腱鞘炎について ☎047-322-0525 千葉県市川市大門市川鍼灸整骨院 | 市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 腱鞘炎 > 腱鞘炎について ☎047-322-0525 千葉県市川市大門市川鍼灸整骨院

腱鞘炎について ☎047-322-0525 千葉県市川市大門市川鍼灸整骨院

2020.03.02 | Category: 腱鞘炎

 

腱鞘炎

腱鞘炎かと思った時は千葉県市川市の大門市川鍼灸整骨院までご相談を

腱鞘炎にかかる人が、最近急増しているようです。

 

腱鞘炎とは、筋肉の両端にある腱が腱鞘という筒の中を通るのですが、この腱と腱鞘のあいだに起きた炎症をいいます。

 

腱鞘炎には、代表的な病名が二つあります。

 

 

バネ指(屈筋腱炎)・・・手指を曲げ伸ばしする腱におこるもの

ドケルバン病・・・手指の親指側に起こるもの

 

腱鞘炎になりやすい方

・パソコンのマウスやキーボードを長時間使っている方

・産後のママで抱っこをしている時間が長い方

・三線やギターなど手首や指をよく使う方

・建設のお仕事で重い荷物や手に負担をかけることが多い方

など。

腱鞘炎起こる理由

 

手首や手の指を動かしているのは、肘から伸びている腕の筋肉も関係しています。

 

その腱と指と筋肉で指が動かされています。

 

腱鞘(けんしょう)という手や指についているトンネルに腱が擦れて炎症がおきてきます。

 

擦れると腱鞘のトンネルが炎症がおき腱が動きにくくなります。

 

 

さらに炎症が起きている部分は、痛みと固さがで生活に支障がでてきます。

 

 

 

また産後のお母さんや更年期症状の方も出てきやすいです。

 

 

 

女性ホルモンの「プロゲステロン、黄体ホルモン」というホルモンは、腱鞘を収縮させる働きがあり女性ホルモンが崩れやすい時期によく腱鞘炎になる方がいます。

 

 

また、楽器の演奏で長時間演奏している方は、手や指に使いすぎの為におきます。工事現場の方も同様で、重い荷物や工具の使いすぎてでおきてきます。

 

 

当院の治療

1.症状の確認

患部の動きに対してどこに痛みがあるかを確認致します。曲げるときなど痛みの状況と場所を確認致します。

2.筋肉の緊張をとる

腱鞘炎は患部の使いすぎで疲労することによる筋肉の異常緊張と考えています。腱鞘炎の場合、その緊張と炎症を取ることでスムーズな動きがでてきます。

3.テーピング・灸・ストレッチ治療

痛みの度合いによりテーピング・灸・ストレッチをいれていきます。一度腱鞘炎がおきると癖になります。

 

しっかり予防も含めて治療をしていきます。

 

灸は熱さは程よい熱さです。

 

大門市川鍼灸整骨院

〒272-0525

千葉県市川市市川2-31-20

駐輪場完備

月曜日~土曜日

10時~13時 14時30~19時30受付

休診日

日曜、祝日、年末年始

☎:047-322-0525

✉daimon_ichikawa@yahoo.co.jp

QRコード