TEL TEL

筋肉痛治療について ☎047-322-0525 千葉県 市川市 大門市川鍼灸整骨院 | 市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 筋肉痛治療 > 筋肉痛治療について ☎047-322-0525 千葉県 市川市 大門市川鍼灸整骨院

筋肉痛治療について ☎047-322-0525 千葉県 市川市 大門市川鍼灸整骨院

2020.03.14 | Category: 筋肉痛治療

筋肉痛治療

 
よく言われる筋肉痛の原因は、トレーニングによって筋繊維が傷つき、それが筋肉痛の原因になるというものです。
他にも、運動によって疲労物質が蓄積や、発痛物質が発生することが原因と言われることもあります。

筋肉痛の治し方

筋肉痛を治すのには、しっかりとしたクールダウン、ビタミン類をしっかり摂取して老廃物を流すことです。

 

 

 

ストレッチなども良く効きます。

 

 

 

言われる筋肉痛の治し方の真相を解明します。

 

 

 

筋肉痛のメカニズムを知っておくと、筋肉痛の治し方や予防法を理解しやすいので、まずは筋肉痛が発生するメカニズムを説明していきますね。

 

 

 

あなたが筋肉痛になるとき、運動した翌日などに症状が出ることが多くないでしょうか?

 

 

 

 

運動後の筋肉痛は、このように痛みが遅れてやってくるのが特徴で、「遅発性筋肉痛(ちはつせいきんにくつう)」と呼ばれます。

 

 

 

そんな筋肉痛の痛みが始まるのは、運動してから数時間~2日ほど経ってからです。

 

 

痛みのピークは2~3日後で、1週間以内で治るのが一般的です。それにしても、筋肉痛の症状が出るのに少し時間がかかるのはなぜでしょうか。

 

 

 

それには筋肉の構造が関係していたんです。

 

 

筋肉痛のメカニズムを知る上で、筋肉の構造について説明していきましょう。

 

 

 

筋肉痛が発生するメカニズムは、以下の通りです。

 

 

 

筋肉痛が発生する流れ

1.激しい運動で筋線維がダメージを受ける

激しい運動で筋肉に大きな負荷がかかると、筋線維がダメージを受けて損傷します。

 

しかし、筋線維には痛みを感じる「痛覚」がありません。

 

 

筋膜には痛覚がありますが、この時点では筋膜には何の変化も起きていません。

 

そのため、筋線維がダメージを受けただけでは、私たちは痛みを感じません。

 

 

2.白血球が集まって炎症が起きる

 

 

 

筋線維がダメージを受けると、“炎症”が起こります。

 

 

そして、炎症を起こした筋線維の組織を取りのぞくために、血液中の掃除屋さんである「白血球」が集まってきます。

 

 

 

3.発痛物質が発生して痛みを感じる

ただ、白血球は掃除をすると同時に、腫れや痛みを引き起こす「発痛物質」である「ブラジキニン」や「プロスタグランジン」などを放出します。

 

 

これらの発痛物質は、筋膜にある痛覚を刺激します。

 

 

また、発痛物質は筋線維の腫れも引き起こします。

 

 

以上が、筋肉痛がおきるメカニズムです。

 

 

 

筋肉痛のメカニズムがわかれば、筋肉痛を治す方法は理解しやすいです。

 

 

 

筋肉痛を治す方法は、血行促進や栄養補給、睡眠

 

 

筋肉痛の痛みを和らげるためには、筋線維のダメージを回復したり、痛みの原因である発痛物質を散らしたりするのが効果的です。