TEL TEL

顔面神経麻痺について☎047-322-0525 千葉県 市川市 大門市川鍼灸整骨院 | 市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 顔面神経麻痺 > 顔面神経麻痺について☎047-322-0525 千葉県 市川市 大門市川鍼灸整骨院

顔面神経麻痺について☎047-322-0525 千葉県 市川市 大門市川鍼灸整骨院

2020.03.18 | Category: 顔面神経麻痺

顔面神経痛の特徴

•歯痛で薬が効かなくなって来て本当に辛い
•耳の後ろ(上の方)が定期的にズキッと痛む
•はやくこの痛みをとる治療をしてほしい
•片側の頭の表面が痛い
•唇や瞼がピクつく
•感覚的にはハッキリわかる小さな痙攣が顔面に続いている
•上を向いた時や辛い姿勢のままで後頭部から全体にかけて強い締め付けるような感覚が出る
•春先になると毎年痛みがひどくなる
•痛みのため食事も出来なくて言葉もしゃべれない

 

 

顔面神経痛って?

 

 

顔面神経痛といえば、軽い症状だと瞼や唇の端がピクピクしたり、重い症状になってくると引きつってきたり、瞼を閉じたりしゃべったりができなくなるという風に理解されている人も多いと思います。

 

 

しかし正確には、顔面神経痛という病名はありません。

 

 

顔面には痛い、熱いなどを感じる知覚神経の三叉神経と、顔面にある筋肉を動かす運動神経の顔面神経があります。

 

顔面に起こる病気としては

•顔が痛い三叉神経痛
•唇や瞼が動かない顔面神経麻痺
•唇や瞼がピクつく顔面痙攣

以上の3つが挙げられます。

 

 

顔面神経痛の原因は?

顔面の感覚を脳に伝える神経を三叉神経といいます。

この神経が帯状疱疹(ヘルペス)などのウイルスによる炎症、または何らかの原因で血管が圧迫されたり、脳の病気、耳や鼻の病気などの理由で顔面が痛くなるのが三叉神経痛です。

 

 

 

洗顔や髭剃りなどで顔に触った時に誘発され、針で刺された様な痛みを感じます。

 

 

麻痺した方が健康な方に引っ張られるため、顔が歪む。瞼が閉じにくい、喋りにくい、食べ物が口からこぼれるなどが顔面神経麻痺の症状です。

 

 

 

脳の病気、ヘルペスや末梢神経が炎症を起こしているものの他に、ストレスや血液等の循環の低下で麻痺が起こる場合もあります。

 

 

顔面痙攣は、通常、顔面の片側だけに起こります。

 

 

瞼が勝手に閉じたり、口の周りが引きつったりします。

 

 

顔面血管の圧迫や脳の病気の影響も考えられますが、疲れやストレスなどに大きく左右されます。

 

 

発症原因がヘルペス、脳の病気であれば、それに対応した治療が当然必要になってきます。

 

 

症状が出た時、すぐに治療すれば後遺症なども残らず完治の可能性も高くなりますので、是非早めの治療をお勧めします。