TEL TEL

四十肩・五十肩の治療には確かな知識と技術のが必要。市川駅 真間駅近く 鍼 灸 大門市川整骨院 | 市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 四十肩、五十肩の治療について > 四十肩・五十肩の治療には確かな知識と技術のが必要。市川駅 真間駅近く 鍼 灸 大門市川整骨院

四十肩・五十肩の治療には確かな知識と技術のが必要。市川駅 真間駅近く 鍼 灸 大門市川整骨院

2019.03.14 | Category: 四十肩、五十肩の治療について

四十肩・五十肩

どんな病気か?

40代50代の人に起こりやすい肩関節の周りに起こる炎症のことを、四十肩、五十肩といいます。

 

腕を動かそうとしたときなどに突然、肩に激しい痛みが起こり、腕を上げる、後ろに回すなどの動作がしにくくなるのが特徴です。

 

 

通常、半年から1年で自然に治りますが、当院の治療によって症状をやわらげ、回復を早めることができます。

どうして起こるのか?

四十肩・五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。

 

私たちの肩関節はとても広い範囲を動かせるようになっていますが、それだけ構造は複雑です。

 

肩関節は肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱(筋肉が骨に付着する部分)、関節をスムーズに動かすための「滑液包」などがあります。

 

そのため、炎症が起こりやすい部分といえます。

 

肩こりとの違い

肩こりは悪い姿勢や緊張などによって肩や首の筋肉が疲労し、血液の循環が悪くなって、肩に痛みや張り、だるさが発生するものです。

 

一方、四十肩・五十肩は、

  • ●腕の筋肉の先端にある腱の炎症(上腕二頭筋の腱炎)
  • ●上腕骨頭を取り巻く幅広い筋腱組織「腱板」が損傷
  • ●骨と腱板の間にある「肩峰下滑液包」が炎症を起こしたり(肩峰下滑液包炎)、石灰がたまった(石灰沈着)場合

 

放置するとどうなるか?

 

 

 

四十肩・五十肩の多くは、放っておいても半年から1年で自然に治ります。

 

 

しかしその期間、痛みや「いつ治るか」などの不安に悩まされる人も少なくありません。

 

 

治療法は?

大門市川鍼灸整骨院では、肩関節のどの部分にどんな炎症が起こっているかを診断し、痛みには早く回復するために、電気治療、温熱療法、運動療法、鍼灸治療で肩関節の可動域を少しずつ広げていく治療を行います。

 

一日でも早い治療が必要ですので。お薬だけでは完治しない症状も多いので、根本治療をするなら当院にお任せください。