TEL TEL

ヨガによる怪我ついて ☎047-322-0525 千葉県 市川市 大門市川鍼灸整骨院 | 市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > ヨガの怪我 > ヨガによる怪我ついて ☎047-322-0525 千葉県 市川市 大門市川鍼灸整骨院

ヨガによる怪我ついて ☎047-322-0525 千葉県 市川市 大門市川鍼灸整骨院

2019.03.07 | Category: ヨガの怪我

ヨガによる怪我の治療

ぎっくり腰、肉離れなどのヨガによる怪我があります。
普段からほとんどあぐらをかくことがない女性が、急にあぐらをかいて、股関節周り内転筋やハムストリングスなど太腿部の内側の筋肉を痛めやすいようです。

ヨガで怪我をしないためには無理をしない事です。

ポーズを取りたいが無理に筋肉を伸ばしてしまうことや、周りの人と張り合って伸ばしすぎてしまうことなど、身体が準備ができていないことはしないことが大事です。

 

 

ヨガが身体に良い影響を与えてくれるのに変わりはありませんが、やりすぎも逆効果になります。長くても1日1時間や2時間程度にとどめておくようにしましょう。

練習は、自分のカラダを信頼できる範囲でやりましょう。

もし体に怪我をしたり違和感が出てきたら大門市川鍼灸整骨院へご相談下さい。

 

関節や靱帯損傷、筋肉の疲労や肉離れなど様々な形で治療をしていきます。

 


鍼灸治療、整体、骨格矯正、超音波治療など治療内容は豊富です。

 

 

ヨガのポーズは自然な体の動きの構造に沿っていない、あるいは怪我をしやすいような形があります。

 

誰にでも楽しんで頂けるように、体の構造についても知識を蓄えて、ケガのない安全なヨガを心がけていきましょう!