TEL TEL

ばね指について! ☎047-322-0525 お気軽にご相談ください! | 市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

市川市の整骨院なら口コミNO1の大門市川鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 未分類 > ばね指について! ☎047-322-0525 お気軽にご相談ください!

ばね指について! ☎047-322-0525 お気軽にご相談ください!

2019.10.15 | Category: 未分類

ばね指

手、指、腕がだるい、動きにくい、痛い、しびれる、腫れる・・・。 ばね指は「指の付け根にある腱鞘に炎症を起こしたもの」で、腱鞘炎の一種です。 通常、指はスムーズに曲げ伸ばしができますが、ばね指では指を伸ばすときに引っかかりがあり、さらに伸ばすと「カクンッ」と引っかかりが外れて動く現象(ばね現象)が見られます。 初めはスムーズに動かないだけですが、進行すると指が引っかかるようになります。悪化すると指が曲がったままになり、反対の手で伸ばさないと戻らないといった状態にもなります。 基本的には「手指の使いすぎ」が原因だといわれています。しかし、同じように手指を使っていてもばね指になる人とならない人がいます。この違いは一体なんでしょうか?

こんな症状出ていませんか

  • 指の曲げ伸ばしがしづらくつらい
  • 湿布や痛み止めを使ってもよくならない
  • 子育てがきっかけで痛くなった
  • サポーターをつけても、あまり変化がない
  • 治らないと言われた
  • 手や腕が疲れやすい
  • 朝起きたときに、指が固まっている感覚になる

ばね指になる人は手指の使い方が悪いんです。 小手先で動かすというか、指先に力が入りすぎるので、負担が手指に集中してしまうんです。逆に手指の使い方が上手な人は肩・肘・手首など、腕全体を使って負担をうまく分散させているんです。 腱鞘炎の具体的な症状は周期的に訪れる激痛です。この痛みのおかげで普通の生活に影響を与えることもあります。 手の指が曲がったまま伸びなくなってしまい、無理矢理伸ばすと「ぱきっ」という音と共痛みがでます。

ばね指になりやすい方

・首や肩に慢性的なコリがある方 ・手や腕をよく使う仕事をしている方 ・主婦の方で、手を使うことが多い方・更年期の女性の方 ・手首や指の痛みや疲れをいつも我慢している方

ばね指の治療「3つのポイント」

1.アイシング 2.引っかかっている腱・腱鞘を整える 3.頚椎(首)の矯正 指だけの治療に終始してしまうと、再発したり、他の指のばね指を引き起こす可能性が残ります。 ばね指でお困りの方はお気軽にご相談ください。に弾かれたように伸びることを「バネ指」と言います。

当院の治療

治療は、数多くの腱鞘炎治療法の中から独自の研究で成果を上げている、独特の治療法です。ほとんどの腱鞘炎患者さんがたった1〜3回の施術で効果を認める当院ならではの療法です。

1.症状の確認

患部の動きに対して痛いかを確認致します。曲げるときなど痛みの状況と場所を確認致します。

2.筋肉の疲労と緊張をとる

腱鞘炎は患部の使いすぎで疲労することによる筋肉の異常緊張と考えています。腱鞘炎の場合、その緊張を取ることで短期間での回復が可能です。

3.テーピング、お灸、ほぐし

痛みを緩和させるために、固まっている部分をとっていきます。